2018年05月05日

技術書典4へサークル参加しましたレポート(感想とログ)

概要

技術書典4へサークル参加(か19:Fluorite)した感想。
技術書典2から数えて、薄い本の作成3回目。 自分の中での振り返りと「記録」のための言語化(頭の外に出そう)。簡単に感想を述べるなら次の3つ。
  • 自分の中でのモヤモヤを言語化出来てスッキリ♪
  • Re:VIEW、使い勝手良いじゃん!
  • 雑感とログ(頒布数とか)
tbf04_display.jpg

なお、頒布&販売した本は次の2冊。

公式Webページのサークルページはこちら。

頒布した同人誌「テストで作ろう初めてのAzureアプリ」のサポートページはこちら。

自分の中でのモヤモヤに「名前を付けてやる!」できた!

技術書典4への参加はギリギリまで迷ったのだが、 「Node.jsでのテストコードの入門書が欲しいけど見つからない。よし書こう!」 と結論づけて、参加を申し込んだ。

「TDD(テスト駆動開発)、、、あたりの大層な事に手を付ける前に、テストコードって素敵じゃん!を実感したいじゃないですか」 がモチベーション。 今感想を書きながら振り返って気付いたが、 「こちらメモ書き記事に肉付けした」って内容に成っているのが面白い。

Mochaを使ったユニットテストベースのコーディングっていいよね、を伝えたいメモ

以前からもやもやと思っていた事、今なら言語化出来ていて、この2つなんだろうなと思う。

  • なんで「テストコード」を「素敵」って感じるんだろうなー?
  • テストコードに初めて触れる人には「面倒」って言われるのはなんでかなー?

このもやもやに対して、今回に薄い本の新刊 「テストで作ろう初めてのAzureアプリ」 を書く中で 「テストコードは、仕様書のように書けるんですよ!が伝わらないから」 って言語化が出来た。 スッキリできて嬉しい。

非公式打ち上げで、 「テストコードは、仕様書のように書けるんですよねー。ってことが分かりにくいですよね」 という意見を頂いて、「それだ!」って思えたのも良かった。 打ち上げで、同じ考えを持った方を見つけられたの、嬉しい!

技術書典4にサークル参加を決めてよかった。 サークル参加しなかったら、言語化できなかったし、「それだ!」とも思えなかっただろうから。

Re:VIEW、使い勝手良いじゃん!

今回の薄い本作成では、前回と前々回までの「LaTex」利用から「RE:VIEW」利用に鞍替えしてみた。感想としては「見た目に拘らないなら、使い勝手良い」。

先ず「ザザーっとテキストで書いて」、後から「見た目を装飾していく(図やコード、節を参照させる)」進め方が気に入った。装飾の仕方(マークダウン)も 覚える事少ない ので苦労しないし、VSCode+プラグインならインテリセンス効くし。 「とりあえず書ける。その時点で製本した場合のレイアウト(箇条書きとか)も、だいたい分る(コンパイルできる)」って良い。 プレーンテキストだから、差分も取りやすい。

TechBoosterさんのRe:VIEW本あたりに「技術書なんだから、見た目なんて些事ですよ。読むのに苦労しないならOKです」(だいぶ意訳) って記載があったと思うのだが、それを心の中で唱えながら書いた。 「書き切る」ってこと自体が目標になる人には(=私)、テキストで書ける&後から装飾できる「Re:VIEW」をお勧めしたい。

欲を言うなら、これをベースに「アドバンスドモード(もっと自由にレイアウト可能)」とか あると良いのかなー、思った。 一定以上に見た目を拘り始めると、途端に扱いが難しくなる(というか無理×_×)、とは思った。

当日のリソースの配分はミスった。

当日に関しては、リソースの時間配分をミスった。 前回、前々回とも「 15時過ぎたら空いた 」ので、それを前提にリソース配分してんだけど、完全に読みを外した(×_×)。 「あれ?まだ混雑してる・・・」の戸惑いのまま16時半を過ぎてた。そして終了の17時を迎えた。

とりあえず、頒布開始と同時に気になっていたサークルを回って買って、 後からもう一回サークルに足を運んで、作者に話を聞きたい、 15時以降の空いて来たころに買った薄い本をザザッと読んでから、、、 などと計画くしてたのだが、最初の「頒布開始と同時に」以外は全く回れず。話せず。残念。 「あとからブラブラ立ち読みして、気になった本を追加で買おう」 も全くできず。『晴れの技術書典』を甘く見てた。。。 (非公式打ち上げで、他のサークル参加者と話せたのは良かった)

前回、前々回に比べると、時間中の忙しさとピーク混雑は緩和されてて、サークルに足を運んでくれた方々と話せた率は高かったのは楽しかった♪ でも、「混雑は緩和」された割にはトータルでは疲労感が多かったかなぁ。混雑の平均値が高い&持続時間が長かったせいかもしれない。

まだ解は見つからないんだけど、次回の参加時はもう少し他のサークルを回る時間を取れるようにしたいねぇ。

その他、雑感。

次回へ向けた検討事項などのメモ。

作成過程が〆切重なってキツかった。

インプレスR&Dさんから、技術書典2で頒布した薄い本「初めてのAzureでNode.jsとSQL」について 「商業化しませんか?」とありがたくも声を掛けていただいていたんだけど、実は商業版では「3/1くらい書き下ろし」してる。 なので、技術書典4へ向けて 2つの締切

  • 薄い本の新刊「テストで作ろう初めてのAzureアプリ」
  • 商業版「Azure無料プランで作る!初めてのWebアプリケーション開発」への追加書き下ろし

が、ほぼ同時に走ったのはキツかった。 新刊2本とか書き下ろす方、尊敬するわ。。。

もうちょっと書きたいことがあったんだけど、調べてる時間を確保できずに、当初の内容からはいくつか章を削った。残念。

タイトルの検討が不足

今回の新刊のタイトルは「テストで作ろう初めてのAzureアプリ」と したのだけれど、これはもう少し分りやすい表現があったんじゃないかなー、と終えてから思った。これも未だ解は見つけてないのだけれど。

サークルに足を運んでくれた方々のうち複数の方から「あれ、初めての自動テス本は?」って言われた。サークルカットには「初めての自動テスト」って書いてたので、そことの乖離には気づかなかった。本の趣旨としては、「初めての自動テスト、、、を実際にAzureで公開できるWebアプリ作成でやってみよう!」(具体例が欲しい)だったので、こういうタイトルにしたんだけど、分りにくいかったかもしれない。

頒布数はほぼ読み通り!(※運です)

薄い本の新刊は、110部ほど頒布して30部をCOMIC ZINさんに委託。 前回は、160部ほど頒布して30部をCOMIC ZINさんに委託。薄い本頒布の経験を重ねてる方々からは「少し委託するくらいでちょうど良い部数」と聞いているので、ちょうどよい比率かな。

前回の技術書典3では200部を刷ったのだれど、

  • 他のサークル参加者の被チェック数との相対値
  • 他のサークル参加者の被チェック数の伸び率との相対値

が「・・・なんだか前回とは違う?」と感じたので、150部にした。結果としては正解♪

ただし、定量的に見積もった場合はさっぱり相関が見えない。 試しに、前回と前々回と合わせて当サークルの被チェック数をグラフにしてみたんだけど(自分のツイートから拾った)、被チェック数自体の途中値と最終値の相関はバラバラに見える。

被チェック数20180422.png

ついでに、最終的な「被チェック数」と「実際の頒布数」も次の通りでバラバラに見える。なので部数を「読み切った!」のは完全に「運です」ね。

最終チェック数 実際の頒布数
技術書典2 113     100(※1)
技術書典3 82 150
技術書典4 181 110

※1:13時ごろに完売のため実際の需要は不明

被チェック数だけじゃなくて、実際の来場者数やその分野への関心度もパラメータな気がする。 なお、来場者数だけ取り出しても、それとの直接相関も見えないね( 3400:3100:6300 )

この辺の分析は、公式さんのレポートに期待!。

なお、商業誌(初!)の新刊「Azure無料プランで作る!初めてのWebアプリケーション開発」は29部(※2)を準備して、14時頃に29部完売御礼♪ ありがとうございました!

※2:この部数は、同人誌の新刊と合わせて200部手前、、、という辺りで決めた。

最後に

最後に、というか雑感の続き。

書くのはツラかったけど、「言語化出来た」ってのはやっぱ楽しい。 そして、当日足を運んでくれた方々とF2Fで話せるのは、楽しい♪ 「技術書」を目的とした来場者数がメッチャ多いので、「需要なんか知らん。私がココを知りたいんだ」で書いた本でもなんとか黒字に出来るのありがたい!(赤字だと継続モチベーションがキツイ)。参加のハードルが低い、って大切だと思うんだ。

来てくださった方々、本を手に取ってくださった方々、技術書典4イベントを開催してくれた方々、ありがとうございました!

posted by ほしまど at 14:57| Comment(0) | 日記

2017年11月06日

技術書典3へ参加しましたレポート

技術書典3『初めてのWebアプリをAzureとNode.jsで』本を頒布させていただきました。技術書典2に続いて、2回目の「薄い本」作成。
tech03_space.jpg

大雑把な感想と次回へ向けて。
  • 「薄い本」を出すのに、ハードルが大変低い。参加しやすい。ありがたい。
    1. 100部くらいは頒布が見込める
      「技術書典」のイベントパワー、ありがたい(公式レポートによれば前回「2」の平均頒布数は132)。。
      在庫が出ても、COMIC ZINさんへ簡単に委託できる。これの認識、もっと広まって欲しい。

    2. 申込み期限が3か月前で、且つ参加費が4桁に届かない。心理的ハードルが低い。

    3. 「もくもく会」など、「執筆している他の方々」と接する場があるので、ペースメーカーになる。

  • 健康管理は大切。
  • 以下が揃えば、次回も参加したい。
    1. 自分が欲しい、と思う内容の本が無い(→よし書こう)。

    2. 体調管理の目途。

    3. 無事に当選すること(→これは運まかせ)。



数字の記録。

  • 持ち込み数と頒布数について

    1. 製本版の持ち込み数:200

    2. 頒布数:159
      ※技術書典決済システムの利用者数:13人で、頒布数全体の8%ほど。

    3. PDF版:12


    前回の100部完売を教訓に150で、、、→やっぱ200で、最終決定した。結論から言うと200にして正解。完売を回避できた。入稿日に、「やっぱ150→200部へ変更出来ますか?」と相談して、受け入れてくれたポプルスさんに感謝&「200にしとけw 」と適切に背中を推してくれた玄人 @bosuke さん、@oyakata2438 さん、に感謝。

    前回に「pdf版は無いんですか?」と結構聞かれたので、今回はシリアルコード印刷した電書カード作った。シリアルコードの認証は、前回の自分の薄い本に書いた内容をベースに、技術書典2後に習作で自作してたwebサービス使った。敢えて自作のを利用。

    なお、二つ並べてると「紙の本の方が欲しい」と言う方の方が多かった印象、なのは伝えておきたい。

    それから、COMIC ZINさんの「会場での委託受け付け」が神対応(運営さんが神対応、は言うまでもなく。決済システムのポップ、ありがとうございました!)。会場での直接委託を当てにして「在庫は委託すればOK」というのが、「200部」の決定の最後の一押しになった。が、あんなに委託依頼が簡単だとは想定してなかった。




  • 価格設定について

    1. 製本版(本文64ページ):800円

    2. PDF版:600円

    3. PDF版:12


    10ページで100円を基準に。でも印刷代くらいは安心して回収したい、、、前回は100部で完売したので、今回も100部はたぶん越えれると思う、、、で価格設定した。PDF版は「前回の技術書典2を見て回った感じでは、製本版に対して200円マイナス、くらいの価格設定が多かった(気がする)」で決めた。


  • 公式サイトの「被チェック数」と頒布数について

    • 技術書典3
      10日前の時点で32 → イベント終了直後79
      頒布数159。13時時点で100部くらいの頒布ペースだった気がする。

    • 前回の技術書典2
      10日前の時点で14 → イベント終了直後114
      頒布数100。13時で完売御礼。

    なお、10日目が当方の入稿日。この時点で印刷部数を最終決定した。



前回の技術書典2からの「次回参加へ向けた申し送り事項」に対する振り返り。

  • 入稿の日程
    前回は「すみません、入稿を1日待ってもらえませんか?」と依頼して延期してもらった。薄い本の作成の初回から、やらかした。
    今回は「入稿予定日」を守れた。ちゃんと改善。

  • 当日向けに準備した持ち物リスト
    前回を踏襲して大きな問題点は無し。

  • キャリーケースからの出し入れのしやすさ、は重要
    「一般入場開始後は、机の下で上開き状態のダンボールと机の上だけで完結させる。キャリーケースとの出し入れをしないで済むように配置する」を実践できた。これも、ちゃんと改善できた。



次回への申し送り事項。

  • 体調管理は大切。
    何故か、唐突に10月初旬の三連休(10/7)から体調崩した。「夜になると体調不良(寒気)」が頻繁に起きて困った。頻度と症状は軽くなりつつも、結局イベント10月いっぱい続いた。ツラかった。原因が良く分らないんだが、、、たぶん疲労管理ミス? 体調管理は大切。

  • 「展開と再収納の手間」を次回は気を付けたい。
    設置作業と撤収作業が、予定よりも時間を食った。そのせいで、他のサークルさんに挨拶行く暇が無かった(残念)。キャリーケースから出す順番も意識して詰める、に次回は取り組みたい。

  • つり銭は「全てが千円札で支払われた」を想定して準備すべし。
    前回は問題なかったので「半分もあれば〜」で臨んだら盛大に不足した。途中で、もっこすさん( @moccos )と、もふもふさん( @froakie0021 )さんに両替ヘルプ頂いて何とか乗り切れた。ありがとうございました。大変助かりました。



その他、記憶に残っていることを振り返り。

  • 執筆のペース
    ツイートから遡るに、9/18開始で10/9にとりあえず完成、10/11に校正終了。・・・正直、校正の時間が短くてツラかった。「終わらん・・・(泣)」だった。次回は倍は確保したい。



  • こういう本です、という宣伝について。
    なるべく早くに、執筆中からした方が良いかもしれない。140字でツイートするってことは「要約」をツイートすることなので、「何を書きたいのか?」が明確になってブレない効果があるんじゃないかなーとか、後から思った。



  • 嬉しかった、お客さんの一言、二言。
    「分り易い目標設定だね」
    「スタートと、ゴールが具体的に書いてあるの、イイね」
    うん、そこは意識して書いた。



「そのうち勉強しようかなー」と思っている事を「勉強した!」に変える事、が「薄い本を出す」事の一番の効果かなー、と思った。体調管理ミスもあって、大分ツラかったんだけど、今回もイベント参加を決めて良かった。
 技術書店3イベント当日に台風直撃の中をで足を運んでいただいた方々&当サークルに立ち寄ってくれた方々、素敵な技術書典3を開催くださった運営の皆様、大変ありがとうござました。おかげさまで楽しく過ごすことができました\(^▽^)/
posted by ほしまど at 12:22| Comment(0) | 日記

2017年04月11日

技術書典2への参加レポート

 技術書典2で「初めてのAzureでNode.jsとSQL」本を頒布させていただきました。初サークル参加。初の薄い本。

 C91にて、電脳律速のBOSUKEさんにゲスト原稿を載せさせていただき&売り子してたところ、技術書典2スタッフの方に「今度は単独で参加してみませんか?」と名刺をいただいたのが全ての始まり。「いやでも、特にコアな技術持って無いし・・・」って迷ってたら、「イケルイケル!」とBOSUKEさんに上手いことノセられて、うっかり申し込んでしまった。

結論から言うと、参加して良かった!楽しかった!また参加したい!


 以下、次回参加へ向けた申し送り事項、の観点で感想を記載。

  1. 入稿の日程
    「これでイケる!」と思った日に対して+2日しましょう。「最後に全体バランス校正」って思ってからが長かった。図の配置や改ページとか。

  2. 当日向けに準備した持ち物リスト

    • つり銭 - 万札も数回は崩せるように千円札x20くらいも!

    • つり銭をスタンバイするケース

    • テーブルクロス

    • 作成した折り畳みポスタースタンド

    • 見本誌のカバーx2 --> ダイソーで。

    • 両面テープ

    • ガムテープ

    • メンディングテープ

    • ハサミ

    • ポップ作る:値段

    • ポップ作る:頒布物の概要紹介

    • 提出用の本、記載事項して貼り貼りする。

    • 色ペン、太めのマーカー

    • 厚めの紙(クロッキー帳とか)--> とりえず紙は持った

    • ゴミ袋--> 何かとゴミは出る。

    • 厚紙 --> ポスターの下に貼る。

    • 食料+飲み物(⇒当日)


    ちなみに、万札崩しの千円札さんの出番は無かった。「万札くずし3回アタック!」食らったサークル様もいらっしゃるようなので、出番無しは偶々だろう。というかマーフィーの法則?

  3. 当日準備に関して、次回に気を付けたいこと

    • キャリーケースからの出し入れのしやすさ、は重要。
      割り当てスペースは狭い。次回は「キャリーからダンボール出すx2 → 1つは机の上配置物で取り出したら畳む、もう1つにはテープや筆記用具、食料を入れて机の下に置く → 都度出し入れする際には机の下で上開き状態のダンボールへだけで完結させる」を試みたい。現地でのキャリーケースとの出し入れは大変困難。┐(−ε−)┌ なるべく回数減らさないと!

    • PDF版も準備しましょう。
      意外と「PDF倍無いですか?」の需要は大きいと分かった。あと、製本版が売り切れた際のフォローに、ある程度なる。で、PDF版準備するなら、製本版購入者にもDL権を一緒に付けたいところ。今回は不手際ですみません。



  4. 印刷部数について
    これは読めなかったなぁ。当初は50部で考えてたんだけど、被チェック数(入稿時点で20前後)と「前回の中央値は100部です」(うろ覚え)の運営さんのツイート、で「じゃあ強気で初回100部いってみるか」と決めたけど、まさかの13時で完売御礼。被チェック数は前日の昼に50超えて、当日の朝に100超えてた(驚愕)。ありがとうごいました。m(_ _)m

    売り切れ案内をせざるを得なかった方々には大変申し訳なかったです。昨夜からオンラインでのPDF版ダウンロード販売を BOOTH様 で始めましたので、よろしければ見てみてください。

  5. 補足:薄い本を出そう、の最後の踏ん切りについて
    この内容で欲しい人って居るのかなぁ?って迷ったので3C分析してみて、決断した。同じように迷っている誰か判断の参考になれば幸いです。

    1. 市場(Customer):
      RESTful APIとSQLに、どこから手を付けたら良いか分からない人。

      • 「REST API提供って難しそう・・・」って思っている日曜プログラマ。

      • REST APIのWeb公開をしたいが、公開可能なサーバー(有料/無料問わず)が分らない日曜プログラマ。

      • 「関係データベース管理システム(RDBMS)って難しそう」って思っている日曜プログラマ。

      • 公開場所として、Azure を見つけたけれど資料がいまいち無くて(古くて)困っている人。



    2. 競合(Competitor):
      Web上の無料記事。

      • 見た限り、「REST API入門」、「SQL入門」で個々にはあるが、網羅的な内容は無い。

      • node.jsを使う場合は、情報が古い事が多い(1年で区切ってGoogleすれば回避は可能だが)。

      • データベースの公開場所についての記載は無い。



    3. 自分(Company):

      • 今まさに「××に困った」を経験しているので、入門者の視点で書ける。

      • 最新の仕様で動作検証して書ける。

      • 個々の技術ではなく、公開手続きや接続方法などを、通しで提供できる




    ※下記のWeb記事を参考に検討しました
    【2016年ふり返り:本を出して会社を辞めてフリーランスになってました | マンガでわかるWebデザイン】




 最後に。
 今回、「薄い本を出そう」と決めたが故に、書いていく中で「ちょっとまって、これって本当にコレでいいのか?」って検証&調査した部分がだいぶ多かったと思った。勉強になった。イベント参加決めて、本当によかった。
 そして、Latexテンプレートの流用を快諾してくれただけでなく印刷所の選び方や入稿に必要なものなど多大支援をしてくださった電脳律速のBOSUKEさん、技術書店2イベント当日に雨の中で足を運んでいただいた方々&当サークルに立ち寄ってくれた方々、技術書典2を開催くださった運営の皆様、大変ありがとうござました。おかげさまで楽しく過ごすことができました。

posted by ほしまど at 12:54| Comment(0) | 日記