2019年01月15日

支出を簡単にメモしたい(家計簿を楽に記録したい)

家計簿をExcelで付けているんだが、意外と時間を取られる。[生活の支出を把握]出来さえすれば何でも良いわけなので、記録方法を見直しを考えてみた。

※この記事はNote.muにも掲載済み。とある記法の検証を目的にこちらにも掲載。 https://note.mu/hoshimado/n/n583f2363546d

目的と方針

欲しいのは次のようなシステム。

  • @簡単に記録したい。必要に応じて、細かい内容もメモしたい。
  • A月単位、年単位で振り返りたい。任意の粒度で俯瞰したい。

@の観点では、Excelは面倒。「セルを選んで、品目を入力して、セルを移動して、支払い形態(Suica?現金?etc)を入力して、セルを選んで、金額を入れて」を1つずつレシートを見ながらやるのメンドイ。 視点移動が地味に疲労すると最近気づいた。代替手段を探して「家計簿 サービス」や「家計簿 ツール」で調べてみたのだが、、、スマホアプリが前提となるみたい。これらは、長期保存やエクスポートが苦手の様子。Aの観点を考慮すると、結局はExcelさんが無難のようだ。

入力支援用のWebアプリを作るかー?とかも考えたところで、次のことに気づいた。

  • Dropbox+Mobile Excel+音声入力で、「目薬512円Suica」とスマホに話しかければ、入力は完了できる。
  • 後で、PC側でExcelファイルを開いたときに「品目:目薬」「支払い手段:Suica」「金額:512」って3つに分かれて入っていればよい。
  • 「特定のフォーマットで1文を分割して格納」って、Excelの計算式で出来るんじゃね?

Excelへ音声入力した文字列を自動で分割する

例えば、次のようにExcel関数を組み立てる。

B3:食材 1245円 au wallet

C3:=LEFT(B3,FIND("円",B3)-1)

D3:=SUBSTITUTE(C3,F3,"")

E3:=RIGHT(B3,LEN(B3)-FIND("円",B3))

F3:=LOOKUP(10^17,RIGHT(C3,COLUMN($1:$1))*1)

この状態で、「B3」のところに「食材 1245円 au wallet」と音声で入力する。「円」に区切り文字の役割を持たせる。 すると、(分り易くするために)中間処理用のC3を経由して、D3〜F3のように出力される。

B3:食材 1245円 au wallet

C3:食材 1245

D3:食材

E3:au wallet

F3:1245

できた。

https://gyazo.com/7c708868da662f6550a143ac6616aafa

使ってみての感想

入力がめっちゃ楽になった!

レジを出た後、歩きながらスマホでExcel開いて音声入力モードにして「買った品目、金額円、支払い手段(例:シュークリーム140円現金」と話すだけで入力が完了した。満足♪

補足

たまたまMS Excelを利用しているけど、Googleスプレッドでも同じことは出来る。 「中間処理」は分かり易くするために置いてるが、この列は無くとも構わない。

参考サイト

posted by ほしまど at 12:32| Comment(0) | メモ書き